インフォメーション

トレーニング(ダイエット)

2017.10.26

【痩せる身体の法則】

 

【痩せる身体の法則】

皆さんこんにちは!!トレーナーの遠藤です!

木曜日限定のダイエットコラムのお時間が始まりました~(^ ^)

これまでスタッフが投稿したコラムから

まとめると、痩せる身体にする為の法則が4つあります。

法則4つを含め、

ターニングポイントでもある法則2と法則3を

まだ読んでいないという方は

下記のこちらからどうぞ!

.摂取エネルギーを消費エネルギーが上回れば痩せる

.食事制限のみのダイエットはリバウンド体質になりやすいこちら

.筋肉を増やせば基礎代謝が上がり、痩せやすい身体になるこちら

.食事改善+筋トレ=痩せる近道

この4つの法則をしっかりこなせば、

身体はどんどん健康的に痩せる身体に

近づきます。

全て読み終わった方は早速行動に移していきたい!

とやる気が出てきた方もいらっしゃると思います。

そこで本日皆さんに私からお伝えしたいことは、

ダイエットを行動に移すための第一歩として、

In body(インボディー)を測って自身の身体の状態を知ろう”

ということです!!

そもそもIn body(インボディー)とは、

簡単にいうと、皆さんの体重に対する

*骨格筋量

*体脂肪量

*各体成分(体水分やたんぱく質など)

*各部位の筋肉量

などを生体電気インピーダンス法という特殊な方法で

数値として評価し、1枚のシートに出してくれる医療器具です。

この機械で自身の身体の状態を知ることで、

痩せる為の正しい目標数値を設定できる

月間ごとに自身の成長記録を数値で管理できる

数値で管理した方が、ダイエットの実感を得られやすい

やみくもに無知なダイエットをする前に、まずは自身の身体を

知ってから正しい数値設定を行うという順序を守ることが鉄則です。

更にこの機械は当スポーツクラブに有り、

会員様でなくても、見学・体験をするだけで無料で

測れるんです(^ ^)

ちなみに、一般の体組成計・体重計とは比にならないくらい

数値が細かく、分かりやすいです。

測定したデータは、担当するトレーナーが1から丁寧に

ご説明させて頂き、ダイエットのご相談もその場で承りますので、

是非まだ試したことのない方は、お問い合わせください。

In body(インボディー)測りたい方はまず見学・体験

以上、ダイエットコラムでした♪

2017.10.19

【体重落とすなら食事が9割。でも!1割のトレーニングが必要なワケ!】

こんにちは、トレーナーの青木です。

毎週木曜のコラムは女性の方は特に興味のある「ダイエット」について。

コレは永遠のテーマではないでしょうか^_^

実際に、スポーツクラブ、パーソナルトレーニングを利用されている会員の方の半数以上は何かしらこの目的が絡んでいます。

では、「ダイエット」
情報が溢れていますが何をしたらいいのか?

1つ答えを言ってしまえば9割は食事です。
体重だけを落としたいのであれば間違いありません。

ただし、食事だけでは体重とともに落としてしまうものもあります。

それは何だと思いますか?


全てではありませんが、大きく考えると食事のみで落とした中身によって落ちるものは脂肪筋肉と考えられます。

だから何?
落ちてるからいいじゃん。

そう思った方、ちょっと待って下さい!

筋肉が落ちるということは

 ① 体脂肪率が下がりにくい、変わらない
 ② 代謝が下がる                                          


といった結果が出ます。

結果、カラダはこうなります

① 体重が落ちても体脂肪率が高いままでは、引き締まって見えない。

② 代謝が下がると、食べた際に太りやすく、増えた際には落としにくい。                 
ようはリバウンドしやすいカラダになります。


折角、体重を落としたカラダはこの様な状態なんです。

そこで考える事が今回のタイトルの後半部分
1割のトレーニングをした方がいい!になります。

トレーニングにより、適度な負荷をかけられれば筋肉量は維持、又は増やす事が出来ます。

体重が減っても筋肉量が維持できれば
体重が落ちた中身は脂肪ですよね

筋肉量を落とさずに脂肪が落ちれば

① 体脂肪率が下がる = 見た目も引き締まる
② 代謝が上がる = 体重が増えにくく、増えたとしても落としやすい


この様なカラダになります!

確かに体重を落とす為には食事が9割。
トレーニングは1割です。

ただし、この1割のトレーニング。
カラダ作りにはとても大きな1割なんです。

明日からこの1割を大切に。

今回の内容がダイエットに励まれている皆様がカラダを動かす事も大切なんだと              1つのキッカケになれば幸いです!

最後までお読み頂きありがとうございました!

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

フィード

Copyright (C) 2016 BODY DESIGN PLANNING All Rights Reserved.