INFORMATION

2020.07.13

【 見え方が変われば、動きは変わる! アスリートと目の関係について 】

アスリートパフォーマンス向上の土台『身体の機能』を高めるシリーズ

呼吸はコチラから

モビリティはコチラから

呼吸、モビリティと上げてきましたが今回は、感覚の一つ『視覚』について。

 

なかなか、がっつりトレーニングの話になりませんがこのあたりの内容は

がっつりトレーニング以上に、重要だと考えています。

 

BDPのアスリートトレーニングピラミッドを一番最初に乗せましたが

このピラミッドの土台『身体の機能』の要素は先日のモビリティや呼吸もありますが

実は、とても多くの要素が膨らまれる部分になります。

BDPアスリートトレーニングについて

 

更に細かくしたピラミッドはコチラです。

 

このように、一番の土台には実は感覚の要素が絡んでくる考えがあります。

当然、全ての間隔要素が大切ですがその中でも今回の『視覚』は重要な要素です。

 

単純に考えてみて下さい。

皆さんは、日常生活の中で自分の動きを調整する時、何を基準にしているでしょうか?

 

先ずは、見たことに対して動きを調整しませんか?

勿論、音や匂い、熱いなどの触った感覚もありますが目から入る情報はかなりの割合を占めています。

 

どういうことか?

人が正しく行動を行う為の一つに視覚が正しく入力される事は大切だという事がわかります。

 

目から入る情報が間違っていいたら。

距離間や高さ、安定しない目の動きなどの不安定な情報が目に入れば

その情報に対して、脳を通して身体は反応します。

 

例えば、距離間の例で行けばゴルファーやサッカー選手が自分の目的とする位置、

グリーンやパスを出す相手の距離を捉える視覚に問題があれば、力の出力が定まりません。

 

又、眼球を止めた状態で、一点を見つめ続ける事が出来なかった場合

集中力の低下や眼球の不安定に身体を適応させるために無駄な緊張が起きてしまう事もあります。

 

このように、『視覚』から正しい情報を脳に入れる事はその後の動きの調整において

とても大切です。

 

次回は、『視覚』の簡単な確認方法や修正の方法などをご紹介していきます。

気になった方は、是非チェックしてみて下さい! 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

▼ これまでのアスリートブログ記事

・ボディデザインプランニングのアスリートトレーニングの考え方

・アスリートも呼吸を整える事で得られる効果って?

・まずは『モビリティ』を獲得しよう!

ご相談・見学・体験歓迎します!
お電話でのお問い合わせ・ご質問は下記よりお気軽にご連絡ください。
公式LINEからもご予約、お問い合わせは可能となっております。

Tel.055-924-2540

【営業時間】
平日(木曜定休)・土曜は9:00~22:30
日・祝日は9:00~20:00

静岡県沼津市高島本町1-5 イシバシプラザ2F