INFORMATION

2019.09.13

【BDPブログ: 疲れている時の甘い物は逆効果!?】

 こんにちは!
トレーナーの中村です。

「あ~疲れたぁ。」
そう感じたとき、何が食べたくなりますか?

多くの人がチョコレートや飴などの
甘い物が食べたくなるのではないでしょうか。

実はその考えは逆効果なんです。

チョコなどの甘い物を食べると血糖値が上昇します。
するとトリプトファンと呼ばれるアミノ酸が脳へ運ばれ、
セロトニンという物質を合成します。
このセロトニン幸せ物質と呼ばれ、精神をリラックスさせる効果があります。

「やっぱ疲れに効果あるじゃん!」
ここまで読むとそう思いますよね。

しかし、急激に上がった血糖値は急激に下がります。
するとイライラしたり、吐き気や眠気といった症状が出てきて
身体は疲労感を感じます。

そしてまた甘い物を食べる・・・∞

疲れた時の甘い物はこうした悪循環を生んでしまうのです。


疲れた時はチョコレートや飴といったお菓子ではなく、
甘い物でも果物やナッツ類、高カカオチョコなど血糖値の上がりにくい物
選んで食べるといいですね!


10月は新人トレーナー3人がワークショップを行います!
私は「糖質制限」をテーマに行います。
特にダイエットしている方もちろん、興味がある方はぜひご参加ください。

見学・体験歓迎します!
お電話でのお問い合わせ・ご質問は
下記よりお気軽にご連絡ください。

Tel.055-924-2540

【営業時間】
平日(木曜定休)・土曜は9:00~22:30
日・祝日は9:00~20:00

静岡県沼津市高島本町1-5 イシバシプラザ2F